Pear Flower Park in Oyodo / RIKAEN(大淀町)


I have been to Oyodo town twice this year. Now it’s time to see the full bloom of pear flower.

RIKAENさんへ梨の花を見に行きました。このあたりは大淀町の西側に位置しています。ちょうど桜と開花がおなじで、真っ白の花が咲いていました。


大阿太高原は標高150-250m、奈良の梨の生産量は全国の1%にも満たないとのことですが、花のためだけに育てているのはここぐらいだそうです。(実はできた瞬間に取ってしまい、花を優先させています。)


歴史書を見てみると、大淀町には特筆する美術品や見どころは少ない、と記載がありました。(産物として楮や茶、薬草類は有名だったみたいです。)

でも地図を見るとここは、中央構造線のほぼ上に位置している気がします。


大阿太高原から吉野川方面を臨む静かな山野は、過去の複雑な地殻変動の上に成り立っているのかもしれません。そう思うと自分の立っている土地が生きている気がして前回とは景色も異なって見えました。


referring to an old history book of Oyodo, I found that there is little art collections and sight seeing spots. But the map shows Oyodo could be situated along the Median Tectonic Line and and this calm fields and mountains would contain the intricate movements from ancient times.


鮮新世に構造線の東西に淡水湖が出来た際、それは次第に埋められ(大淀累層)のちに古吉野川となりました。この川は今の吉野川より少し北にあって、断層運動に伴い南下し、今の吉野川になったようです。(断層運動により北側が上昇したということ)


In the Pliocene epoch the small freshwater lake was born and it finally reached to the West area. It was gradually covered up with sediments and turned into a river which is called Ko(old).


森川蒼 / So Morikawa

So Morikawa's Official Website

0コメント

  • 1000 / 1000